社長挨拶

2015年12月のCOP21で新しい地球温暖化対策の国際ルールが採択され、2016年5月伊勢志摩サミットでは、世界経済の脱炭素化を可能にするエネルギーシステムの転換、温室効果ガス削減を伴う経済成長を確保する為のエネルギー技術におけるイノベーション支援、又資源効率性及び3RのためのG7アライアンスへの協力を盛り込んだ「G7伊勢志摩首脳宣言」が発表されました。

先進国のみならず途上国も経済成長の一方で、CO2などの排出増加、資源リサイクル、水、大気、土壌汚染への対策が待ったなしの状況になっています。
その様な中それに対応する多様な技術とそのイノベーションが世界から求められており、私ども微力ですがEV技術を活用した小型船分野でゼロエミッション社会実現の為産学官一体となって活動を行う為「EV船販売会社」を立ち上げました。

弊社は東京海洋大学、(一財)電池推進船普及研究財団と連携し電池推進船、水素燃料電池船、電動船外機などの普及を積極的に行い、CO2排出ゼロを目指します。皆様方で賛同いただける方は是非とも私どもへの事業参画をお待ちしております。

EV船販売株式会社 代表取締役 工藤 清人